朝のたった10秒で、あなたの一日が決まります

私は、朝起きたら一番にすること
それが、アロマカードを引くこと。

そして、そのカードの香りを嗅ぐ

あなたの一日が素晴らしい日になるかならないかは、朝のたった10秒で決まります。

 

たとえば、私は先日、ローズマリーを引きました。

嗅ぐと、すーーーっと体の中に香りが入っていきます。

 

入っていくというか、まるで電池のように充電されていく感じです。

明らかに私の本能がこの香りを必要としていたことがわかりました。

 

 

それだけでも気持ちよかったのですが、

大切なのは、
なぜローズマリーだったか。
その理由を知ること。

 

ローズマリーは血流を促す香りです。

カラダが冷えているのはわかっていたんです。
でも、オレンジでもレモンでもなく、ローズマリーだった意味は?

 

そこで、ハッと思い出しました。

私は定期的にある整体?というか、全身調整?エネルギーワーク?を毎月受けているのですが、

その方に、先日の最後にふと言われたのが、

「お疲れなのか、肝臓が何か言ってますね。」

肝臓は怒りなどの感情によって疲れてくるそうです。

 

 

実はその前日、ちょっとムッとしたことがありました。

 

普段あまり何かに怒ることがない私が、珍しくムッと来てたのでした。

怒りは肝臓に溜まるそうです。

 

つまり肝臓に負担がかかっているので、
体の中の熱を製造している肝臓が弱っているために
熱を作り出せにくくて冷えていたのだと思います。

 

 

同じ冷えでも、

その時のシチュエーションや心の持ち方、体の動かし方などによって、
理由は全然違うんです。

 

 

なので、おのずとケア方法も違ってきます。

 

私の場合は、ローズマリーをホホバオイルに1%濃度で希釈し、

右わき腹をセルフトリートメントしました。

 

 

すると、なんとなく痛みを感じていた胃も、動かなくなっていた腸も、
あらら?という感じに動き始め、体もぽかぽかしてきました。

 

これでもう大丈夫!

 

その日は一日とても元気に、健やかに過ごすことができました。

香りメッセージは、どんなに小さなことでも気付かせてくれるので、

早いうちに対処できるからか、ストレスもあまり感じなくなりました。

 

本能がそうしてほしいと思うとおりに動いているので、

当たり前と言えば当たり前ですね。

 

私は、香りメッセージを通して

ココロもカラダも健やかに、美しく、
何より香ぐわしく軽やかに生きていきたい、

そんなあなたを応援したいと思っています。

 

 

香りメッセージは養成講座を行っています。

セルフアロマ香リスト養成講座は、
香りメッセージの『精油の意味』を学習することで、

毎日、自分で自分のメンテナンスができるようになり、

同時にアロマの知識も身に着けることができます。

 

次期開催は2019年1月~2月です。⇓⇓

香りメッセージ養成講座

 

 

また詳細は後日お伝えしていきますね。

 

 

 

 

 

大村はる美

本能が選ぶアロマで心と体と人生を変える、
香りの伝道師 大村はる美。

鎌倉生まれ、鎌倉育ち、現在は藤沢市在住。

22歳で輸入雑貨ソニープラザ経理部入社。その後医療事務の資格を取り医療機関に転職。結婚し出産後体調を崩してパニック障害になる。森田療法で回復したものの30代半ばで不眠症になり、その時に出会ったラベンダーの香りで元気になり、アロマテラピストの道に進む。アロマ講師、トリートメントサロン経験を得て、現在は、お悩みを持っていたり生きづらさを感じている方の笑顔が、少しでも増えるようにと願い、香りと本能から自分を知るオリジナルメソッド『香りメッセージセッション』を行っている。
執筆著書「カウンセラー物語~心に寄り添う21人の軌跡」
趣味はジャズやボサノバのライブ通い。ゴスペルや一人カラオケで思い切り歌うこと。

Pocket