アロマテラピーは役に立たない?ラベンダーが苦手なあなたへ

 
 
アロマテラピーといえばラベンダーが有名ですが、
意外とこの香りが好きではない方って
多いように思います。
 
そのような方が
たとえば
アロマのお店ですすめられて
使ってみたけど
あまりピンと来なかった
 
 
となると、
 
アロマテラピーは役に立たない
 
と感じてしまいますよね。
 
でも、本当は
 
 

 
 
ただ、体に合っていなかった
 
ということだと思います!
 
 
 

ラベンダーが苦手な理由は…

 
 
 
ではなぜラベンダーが苦手
と思ったのでしょうか?
 
 
「本能」ってわかりますよね?
 
食欲や睡眠欲や性欲などを司る
脳の中で最も動物的で原始的な分野です。
 
本能は、
 
今体に必要なことだけを選ぶそうです。
 
 
 
嗅覚本能はとても強くつながっていて、
 
本能が嗅いで欲しいと思っている香りは、
好きと感じるような
脳の仕組みになっていると言われています。
 
 
だから、
 
ラベンダーが苦手、好きじゃない、
 
ということは、
 
あなたの本能が、
 
ラベンダーは必要ではないよ!
 
と言っているのではないでしょうか?
 
 
 

好きな香りがあなたに必要な香り

 
 
ラベンダーが嫌いでも、
他に好きな香りがあれば、
 
今はそっちの香りが必要だと
本能が言っていると思うので、
 
能の声を信じて
 
そちらの香りを嗅ぎましょう~!
 
たとえば、
眠りやすくなる精油は他にもたくさんあるので
 
無理にラベンダーを嗅ぐ必要はないのですよー!
 
あなたが好きな香りが、
今あなたに一番必要な香りなのですから!
 
好きな香りだけを嗅いでいれば、
本能は「うんうん、それでいいんだよー」と
とても喜ぶので、
 
脳もイキイキしてきて
心にも体にも良い影響が出てくるはず!!
と思います(⌒∇⌒)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本能が選ぶアロマで心と体と人生を変える、
香りの伝道師 大村はる美。

鎌倉生まれ、鎌倉育ち、現在は藤沢市在住。

22歳で輸入雑貨ソニープラザ経理部入社。その後医療事務の資格を取り医療機関に転職。結婚し出産後体調を崩してパニック障害になる。森田療法で回復したものの30代半ばで不眠症になり、その時に出会ったラベンダーの香りで元気になり、アロマテラピストの道に進む。アロマ講師、トリートメントサロン経験を得て、現在は、お悩みを持っていたり生きづらさを感じている方の笑顔が、少しでも増えるようにと願い、香りと本能から自分を知るオリジナルメソッド『香りメッセージセッション』を行っている。
趣味はジャズやボサノバのライブ通い。ゴスペルや一人カラオケで思い切り歌うこと。

Pocket