アロマテラピーは役に立たない?

 

今、アロマセラピーを利用する人はとても多いです。

でも、

アロマテラピーは効かない!

 

と思って

せっかく資格を取ってもアロマから離れてしまう人

サロンや講師をしながらも、実は効果に疑問を持っている人

意外に多かったりします。

 

え??と思いますよね。専門家なのに「効かない」と思いながら仕事にするって。

 

でも、わからなくはないです。

 

なぜなら、私も以前にそう思いました。

 

教科書や、試験で習った精油の効能効果(効き目)を信じ、

その通りに使ってみたのに、あまり効果がなかったことが

たくさんあり、

ちょっと不信感を持ったこともあります。

 

 

でも、本当は

ただ、その時、あなたの体に合っていなかっただけではないですか?

 

香りが合う合わないってどういうこと?

たとえば、

好きな食べ物ありますか?

その匂いが漂ってくると、もうそれを食べたくて仕方なくなりますよね。

でも、風邪ひいていて、熱があって、おなかの調子も悪い時は

大好きなものでも食べたいと思わなくなります。

 

これは

「今、その食べ物を消化できないよ」

ということを本能が教えてくれているからです。

 

 

いつもは好きな香りでも
体調によっては嫌いになる

それは、

その時々でカラダにとって必要な香りが違うからです。

必要な香りかどうかを本能が選んでいるからです。

 

効かなかった、というのは、

たまたまその時

その香りを必要としていなかった

というだけかもしれません。

 

必要な香りはどうすればわかるの?

 

本当に必要な香りは、「とても好き」と感じるので、わかりやすいですが、

まあまあ好き、程度だと、あまりはっきりと効果がない場合もあると思います。

(嫌いな香りの場合は使わなくていいと思います。)

 

だから、いくつかの香りを嗅いで

「今一番好きな香り」を使うのがベストではないでしょうか?

 

 

とはいえ、あまり好きではなくても効く場合があります。

 

それは、薬理作用と言って、
好む好まざる関係なしに、効果があるものもありますので、

一概には言えませんが。

 

少なくとも、「嫌い」な香りは無理に嗅ぐ必要はないのではないでしょうか?

あなたが好きな香りが、
今あなたに一番必要な香りなのですから!

 

 

好きな香りだけを嗅いでいれば、
本能の望むことをしているので、

本能はとても喜びます。

 

本能が喜ぶと

脳もイキイキしてきて
心にも体にも良い影響が出てくるはず!!
と思いませんか?

 

今、自分に必要な香り、知りたくないですか?

 

「香りメッセージアカデミー」では、養成講座があり、

自分にぴったりな香りが毎日わかるようになります。

アロマの知識がなくても大丈夫!

養成講座はこちらから

 

大村はる美

本能が選ぶアロマで心と体と人生を変える、
香りの伝道師 大村はる美。

鎌倉生まれ、鎌倉育ち、現在は藤沢市在住。

22歳で輸入雑貨ソニープラザ経理部入社。その後医療事務の資格を取り医療機関に転職。結婚し出産後体調を崩してパニック障害になる。森田療法で回復したものの30代半ばで不眠症になり、その時に出会ったラベンダーの香りで元気になり、アロマテラピストの道に進む。アロマ講師、トリートメントサロン経験を得て、現在は、お悩みを持っていたり生きづらさを感じている方の笑顔が、少しでも増えるようにと願い、香りと本能から自分を知るオリジナルメソッド『香りメッセージセッション』を行っている。
執筆著書「カウンセラー物語~心に寄り添う21人の軌跡」
趣味はジャズやボサノバのライブ通い。ゴスペルや一人カラオケで思い切り歌うこと。

Pocket